コンサルティングサービス

業務の効率化を図りたい10人前後までの中小企業の社長へ

弊社では、従業員数10人前後以下の中小企業の業務効率化についてコンサルティングをおこなっています。

多くの中小企業、業務のシステム化をおこなっていないところの社長は、こんなことに頭を悩ませています。。

  • 業務が属人化していて、担当に聞かないと仕事の進捗が分からない
  • 社長に1つ1つ聞かないと業務が進まない
  • 担当がいなくなると、だれも変わりができないので不安
  • 何度も同じ作業を非効率に行っている業務もあり、事務員さんも疲弊している
  • 日報を書くためにわざわざ会社に戻ってきている
  • 営業が得た情報を、社内で素早く共有化できない
  • 業務の指示をライングループや直のラインでおこなっており、情報が散らばり、また見落としが発生している
  • 「今」「誰が」「何を」業務でしているかが共有できていないから何があってもフォローができない
  • 仕事の「見える化」が出来ておらず、書類の発送忘れやフォローを逃す

やらなきゃいけないと思っている

例えば仕事に担当を付けているが、仕事内容は属人化しており下手すりゃ「担当が休みなので分からない」という状況を作り出している会社は多々あります。

なんでも俺に聞くな!と思いながらも、情報や指示が共有されていないことにいら立つ。

まあ、そのうち解決しようではいつまでたってもできません。

じゃあ、具体的に業務システムを利用した仕事の仕組み化を考えたとき、今度は次の問題に当たるのです。

  • 何を導入すればいいか分からない
  • 誰に相談すればいいか分からない
  • 社内にPC詳しい人がいないけど大丈夫か
  • 全員パソコンもっていないけど、スマホとかタブレットでも使える?
  • 高額な初期費用は厳しい
  • 高額なランニングコストも掛けたくない
  • そもそも使いこなせるのか?導入したけど使わなかったらどうしよう?
  • お金掛けて作ったわええけど、修正とかでたらどうなるんやろう?
  • 新しいシステムを入れることで従業員のストレスにならないか

これで心が折れてしまい、結局またいつか。になってしますのです。
このように考えはするけど、結局なにもしないままの法人がたくさんあります。

その悩み、弊社が解決します!

弊社では、業務改善をおこないたい中小企業へのコンサルティングをおこなっています。
社長の頭の中身にある業務システムを使った仕事の仕組み化をお手つだいします。

システム化は最大のリスクヘッジ

実は大手よりも中小企業こそシステム化は最重要課題です。
大手は、お金をかけて独自システムを組んでいます。
しかし、それには高額な費用が掛かります。
その時点でも中小企業とはシステム化に二の足を踏むところでしょう。

高額な費用を掛けずに運用できる優れた業務改善システムは存在する

まず、社内環境のシステム化をおこなう場合、多くの会社が会社の仕組みに合わせてシステムを作る会社が多いです。
よって、システムエンジニアに1から業務システムを組んでもらうのです。
しかし、そもそもそのやり方は優れているとは言えません。

特に大企業であれば、仕組み化の素地があるのでシステム化も可能です。

しかし、小さな会社ではそもそも仕組み化があまりできてないのに、どうやってシステムエンジニアに指示をだしてシステムを組むのか?ということになります。

実際に自社の業務システムを組もうとして「見積もりとったけど高い!」と困り、弊社に相談があることが多いです。

で、あれば逆の発想をすればこうなります。

  • 新しく作るのではなく、既存の優れた業務改善システムを探す
  • その業務改善システムの仕組みを骨として、会社の業務を見直す
  • それであれば、1から作るよりも「初期設定」「カスタマイズ」で対応できる
  • 結果初期費用の大幅減額

そんなことができるのか?って思うかもしれません。
しかし、できるのです!

こうした仕組みで「はじめて業務改善システムを導入する会社にも導入しやすいような提案を弊社は提供できます。
それがkintoneを活用した業務改善コンサルティングです。

お客様の声

大塚総合自動車

弊社のできること

弊社のできることは次の5つです。

  • 社長の「仕事の仕組みをこうしたい!」を聞く
  • その内容に伴い、どうすれば業務システムを利用した仕事の効率化につながるかをコンサルティング
  • コンサルティングの内容にそって、業務システムをくみ上げる
  • 組み上げた内容と作業・利用方法について従業員の方へお教えする。
  • 現場の声を収集しながら、継続したフォローアップで業務システムの改善化を常にはかっていく

具体的にどのような方法かをご説明します。

株式会社ユービーエルの業務改善コンサルティングサービスの流れ

1,第一回打ち合わせ

まずご面談させていただき、現在業務についてお悩みのこと、また「こうしたい」をお聞かせいただきます。

2,第二回打ち合わせ

二回目は前回いただいたお話をもとに、どういう風にすればいいかのプレゼンテーションさせていただきます。

3,業務システム構築スタート

前回のご提案についてお話を進めます。
エンジニアによる業務システムのカスタマイズが始まります。

4, テスト運用

完成した業務システムを実際に触っていただきます。
1週間のテスト運用で気がついたところをお聞きし、改善をおこないます。

5,納品

業務システムを納品いたします。

6,フォローアップ

業務システムは一度作って終わりではありません。
その後運用をしながら、改善希望をあつめ常に業務システムをより効率的になるようフォローアップします。
また、従業員様への利用方法の説明などもおこないます。

コンサルティング費用

導入初期費用 30万円(別途消費税)
導入後の月額コンサルティング費用 3万円(別途消費税)
kintoneアカウント費用月額 1,500円×従業員数

初期費用に含まれるもの

・打ち合わせを含めたコンサルティング
・kintone導入
・kintoneのカスタマイズ
・使用方法の指導会

月額コンサルティング費用に含まれるもの

・kintoneの新規アプリの制作
・kintoneの既存アプリの改善
・業務改善のフォローアップ
・オンラインミーティング

事例,従業員数7名の会社の場合

導入初期費用 30万円(別途消費税)
導入後の月額コンサルティング費用 3万円(別途消費税)
kintoneアカウント費用月額 1,500円×7名=8,500円(別途消費税)
(月額合計 38,500円+消費税)

よくある質問

初期費用でどこまでカスタマイズできますか?

最初のコンサルティングの時に提案はさせていただきますが、当然あまりにも多い作業が必要な場合は別途費用をご請求する場合もございます。
ただ一般的な業務であれば、初期費用でほぼ機能を網羅した状態で納品できます。

カンタンに使えますか?

kintoneは非常に優れた業務改善システムです。

 


PAGE TOP

更新通知

メールアドレスを入力し「購読」ボタンを押してください。メールで更新情報をお届けします。

新着コメントCOMMENTS



株式会社ユービーエル
〒651-0083 神戸市中央区浜辺通4-1-23




MENU

CONTACT
HOME