文章作成能力をあげる3つの方法




文章作成能力をあげる3つの方法

僕のブログを見た人から

「てっちゃん忙しいはずやのに、ブログとか書いてるでしょ。
暇なの?

なんて聞かれることが最近あります。
暇ではありません。

2016031901

時間のない毎日を過ごしているはず。
そう思っていただいていることと思うでしょう。
確かに僕はみなさんが想像するよりも自分で言うのもなんですが、忙しいです。

そんななか、こうしてブログができているのは「文章を作る速度が速い」からです。
通常書いているブログも朝にスタバによって始業前に書いているわけで。
だいたい20分前後で書き上げている状況です。

そこで僕なりの「文章作成能力が向上する3つの方法」をおつたえします。




1、読むこと

あたりまえですが、最初まず文章を書けるようになるためには、たくさんの文章に慣れることが大事です。
読んで読んで、読む。
たくさん読むことで「語彙」を増やしましょう。

2016032101

ビジネス書でも小説でもいいのですが、書く人により言い回しの個性があることに気づくでしょう。
そういったところに気づき、自分の好きな「文体」というものがでてきます。

アスリートが運動をする前にエネルギーを取らないと、効率のいい運動は絶対できません。
それと同じ。
まずはしっかり食べるのといっしょで、まずカラダに入れる作業が必要です。

2、「文章」を書かないようにすること

公式な書類は別にして、ブログなどを書く場合は「文章を書こう」と思わないこと。
これが大事です。

「文章を書かずに、何をするのか?」

まずはしゃべるように書いてみることです。
たとえば今日映画を見て感動したとしましょう。
それをフェイスブックなどに書く場合2つの方法があります。

パターン1

今日は晴れた日曜日。
子どもたちは習い事で、この天気のいい日曜日に僕は一人で街に出た。

何もすることなく、ぶらぶらしていると映画館の前に。
ふと前を見ると、、、

(中略)

ということで、今日見た映画は感動したのだ。

パターン2

今日映画みてめっちゃ感動した。
見た映画はこれ。

「スターホース 次代の競走馬」

たまたま家族も忙しくて暇やったんで、街をふらついていたら映画館に。

(中略)

ということで、今日見た映画は感動したのだ。

さて、パターン1と2。
どちらが伝わりますか?
続きを読もうとおもいますか?

以外と多くの方がパターン1のような文章をつくるのです。
文章が書けないなーという人は、伝えたいことをしゃべってみましょう。
それを文字にしてみればいいのです。

『綺麗な文章と伝わる文章』は別物なのです。

3、書くこと

最後にはやはり書くことしかありません。
数をこなすのです。

僕は過去に相当な記事のブログやメルマガを書いています。
また200ページ以上の著書も2冊書いています。

なんでも練習しなければうまくいきません。

そういう意味ではブログを書くというのは実はすごくいい勉強になります。

2016032102

読んでもらうためには、どう書けばいいのか?
タイトルは?

話の組み立ても重要です。

フェイスブックやその他SNSもありますが、やはりあるていどまとまった文量を書く習慣をつけるのが早道ですね。

まとめ

まとめと文章作成能力をあげる3つの方法

・読みまくり
・しゃべるように
・書きまくり

となるのです。
で、あれば練習したい、ブログもしたいけど何かいたらいいか分からない。
そんな人は「書評ブログ」からはじめてもいいでしょう。

本を読んで、それを話すように伝えるブログ。

ぜひご興味あれば実践してくださいね。






コメントを残す

*

PAGE TOP

更新通知

メールアドレスを入力し「購読」ボタンを押してください。メールで更新情報をお届けします。

新着コメントCOMMENTS



株式会社ユービーエル
〒651-0083 神戸市中央区浜辺通4-1-23




MENU

CONTACT
HOME