おかんにiPhone




おかんにiPhone

ずっとガラケーだったおかん。
通話料含め月額8千円近く払っていることが判明。
どうせなら、lineで写真とかもおくるからとiPhoneに変えることにしました。

20160106iphone

まず、今契約しているS社。
ナンバーポータビリティーの手続きに向かいます。

店までいってナンバーポータだというと「この番号のほうが早いですよ」と電話で勝手にやってくれモード。
そっちのほうが早いというのでその場で電話です。

なんだかんだ聞かれた上で、やっと予約番号の発行に
「予約番号をこれから発行しますので、ショートメッセージで3分ぐらいでとどきます。」とのこと。

じゃあ次のD社にいくころには届くだろうと出発。
某電気店のD社のコーナーにいき、さっそく相談。

「ナンバーポータなんですが、なにかキャンペーンしてますか?」と聞くと。。。




「iPhone6の16Gモデルでしたら本体一括0円で、なおかつ商品券3万円渡します。」とのこと。

実は携帯のナンバーポータをするときは、こうしたキャンペーンがある。
僕はよく携帯を変えるが、こうしたキャンペーンをうまくつかっている。

ちなみに、この3万円の商品券、同じ家電量販店でも店舗が違えば2万円だったりとまあまあ差があるのだ。

なにはともあれ、おかんに色を選ばせて申し込みたいところだが、、、、、

「まだS社からショートメッセージこない(*^_^*)」

3分どころか30分を超えている。
僕も時間がないので、おかんの携帯からS社に電話。
番号は発行されていると電子音声が流れる。
再度別の窓口に電話せいとのことなので、電話すると、、、、、

「混んでるから順番まち」で結局番号が手に入ったのは申し込んで1時間弱たっていた。

窓口の方が早かったのでは、、、、、さすがS社、さようなら。
と、怒りもあるがとりいそぎiPhoneの契約を進めていった。

手続きも終わり、本体とともにナンバーポータの特典である商品券3万円をゲット!

さてさて、いまさらiPhoneについてとにかくいうことはないが、おかんのようなスマホ初心者にはやはりiPhoneがおすすめである。

早速うちの事務所に持ち帰って、僕の嫁といろいろ設定していた。

とくにLINEと写真がきれいに撮れることは大喜びである。
もちろん、商品券はそのままおかんに。

最初は少し抵抗していたが、「今晩さわりまくる」とのことで、実は僕のガジェット好きの根幹はこのおかんではないかと感じる。

僕は若い人のスマホもいいが、60くらいの人がどんどん使うべきだとおもう。
僕ら以上に「昔であれば夢のような電話」であり、社会への興味を引きつけるものだとおもっているからだ。

と、今この記事を書いているときにさっそくおかんから「ラインでの通話」が入ってきた。

iphone201601062

どうやら、すでに奴は使いこなし始めているようだ。

ぜひスマホライフを楽しんでもらいたいですね。






コメントを残す

*

PAGE TOP

更新通知

メールアドレスを入力し「購読」ボタンを押してください。メールで更新情報をお届けします。

新着コメントCOMMENTS



株式会社ユービーエル
〒651-0083 神戸市中央区浜辺通4-1-23




MENU

CONTACT
HOME