ハワイ旅行のプラン作成の5か条




ハワイ旅行のプラン作成の5か条

2016-03-14

今月25日よりハワイへ。
青年会議所の交流事業であるが、僕にとって最高3泊5日がここにある。
クゥーッ!(川平風

KIMG2847

いっそ向こうでパスポート無くして帰るのが遅れたりとか。
些細な日常動作に影響ない程度の病気で延泊とか。
まあ、妄想を繰り返すわけだが。

当然のことながら準備は万端である。
今度で12回目くらいになるが、まだまだしていないこと、行ってないところがある。

初めて行く人といっしょになることが多く、ガイド役になっていることが多い。
そのため「家族ではじめてハワイにきました」であれば、完全にアテンドで楽しませる自信がある。(笑

プラン作りだってなんのそのである。

と、いうことで今回は僕のハワイでのプランの作り方で大切な5か条を記しておきます。




1、レンタカーは必須

プランの前にハワイを楽しむにはレンタカーは必須。
国際免許はいりません、日本の免許証でOK
海外の運転は怖ーい、なんて心配無用。
左ハンドルもすぐ慣れます。
また、みんなゆっくりなんでクラクションでビービー言われることもありません。

とりまえず空港から借りちゃって、空港で返すのが一番楽です。
問題はツアーでいくと、ツアーバスに乗せられるので、その際はワイキキで借りるようにしましょう。

僕がいつも使うのはダラーレンタカーです。

http://www.dollar.co.jp/rental/hawaii/HI/plan.html

ガソリンを入れて返さなくてもいいので、楽ちん。

なお、ナビを借りるか聞かれますが不要でOK。
スマホのグーグルマップのほうが見やすいです。。。。

2、1日をざっくり7分割

ハワイにいったらあれもしよう、ここも行きたい。
いろんな希望がでてきます。
そのときスケジュールをきめていくのですが、1日をざっくりと7つに分けます。

・朝食
・午前
・昼食
・午後1
・午後2
・夕食
・夜

エクセルなどでつくるといいかもしれません。
ここに1つづつ予定を入れていきます。
たとえば。。。。

・朝食 エッグスンシングスンで朝食パンケーキ
・午前 子どもといっしょにホノルル動物園
・昼食 動物園横のティディーズビガーバーガー
・午後1 ダウンタウン散策
・午後2 アラモアナショッピングセンターで買い物
・夕食 アラモアナのババ・ガンプ・シュリンプ・カンパニー
・夜 子どもたちはおばあちゃんと就寝、夫婦でマイタイバーへ

こんな感じですね。
よく細かくスケジューリングする人もいますが、経験上この程度の分け方がいいです。
あまり細かく分けると、時間に追われます。
また、以外とハワイはレンタカーでも移動の時間が掛かりますので、ゆっくりのりしろをとっておくほうがいいでしょう。

ちなみに、先ほど夜に「子どもたちはおばあちゃんと就寝、夫婦でマイタイバーへ」と書きましたが、ハワイでは12歳以下の子どもを放っておくと「虐待」となります、最悪逮捕されます。
子どもだけでホテルにおいて、、、、なんてことは決してしないでください。

3、二日に1枠は空白を

さきほどの7分割法を使う場合、二日に1枠は空きをつくっておいてください。
たとえば誰かが怪我や病気になるかもしれません。
時には「あれ?今日定休日なの?」なんてことも。
そのときの振りかえ用に1枠あるといいです。

特に家族と行く場合は、余裕をもっておきましょう。

4、方面はまとめる

行く方向をまとめましょう。
オアフ島であればワイキキのホテル街を中心として東西北で行き先をまとめるといいです。

西:パールハーバー、スタジアムのスワップミート、アウトレット、ディズニーホテル
北:ドールプランテーション、ノースショア、ワイメアビート、ウミガメのビーチ
東:ハナウマベイ、カイルア、カハラモール、潮吹き岩

よく私がするのは、東回りでカイルアいって、カメハメハハイウェイでアラモアナへ直行とかですね。

5、お土産は初日に

行くとお土産を買うと思いますが、もう初日に主なところは終わらせましょう。
旅行で最後のほうでお土産!!!と走り回るのはナンセンス。
おすすめは空港からドンキホーテ直行です。

blog_import_53a7ff0a42644

もともとダイエーでしたが、今はドンキホーテになっています。
ここがめちゃくちゃ便利。
お土産の定番、ベタにおいしいチョコレートなども売ってます。
まとめ買いにもおすすめ、なんせ安い。
とりあえずベースとなるお土産を買っておけばあとはゆっくり過ごせます。

ちなみに、ワイキキについてから「あ!!買い忘れ!!」とかあれば、そのときはアラモアナセンターへ。
アラモアナにはロングスドラッグという日本風にいうとマツキヨ的な店があるので、ここでもお土産はコスパ良く買えます。

まとめ

はい、まあいろいろ書きましたが、大事なことは詰め込まないことです。
ゆったり余裕をもって行動計画ですね。
また、思いついたとは書きたいとおもいます。






コメントを残す

*

PAGE TOP

更新通知

メールアドレスを入力し「購読」ボタンを押してください。メールで更新情報をお届けします。

新着コメントCOMMENTS



株式会社ユービーエル
〒651-0083 神戸市中央区浜辺通4-1-23




MENU

CONTACT
HOME