レベェがちげぇーんだよ!!

レベェがちげぇーんだよ!!

2018-02-03

おはようございます。
娘が美容室に行くということで、大きい財布として連れてこられた僕です。
とっととお支払いだけ済まし、せっかくなのでだい好きなホノルルコーヒーにてコナコーヒーをいただいております。

先日から引っ越し先を探して、やっと納得いくものがあり、申し込みをしました。
とはいえ、僕は不動産屋さんです。
細かい交渉を、貸主のお世話をしているいわゆる貸主さん側の不動産屋さんに申し込みを入れて交渉するのですが、ここで思わぬことが。

貸主→貸主側不動産屋→←僕

分かりやすくいうと、こんなルートで話をしています。
当然この場合、貸主側不動産屋さんは、貸主の考えや需要を把握し、出来るだけ希望条件で貸し出す業務をします。

逆に僕は借りたいので、自分に有利にのる条件を提示します。
当然です、利害関係が相反するから。
だからこそ、僕らがいるともいえます。

そこで今回、僕は自分の希望をこう伝えました。

僕も不動産の仕事してるから、ムチャなことは言うつもりはありません。
気持ちよく借りたいので逆に大家さんは交渉についてはどの程度考えていただける方ですか?

こう、聞きました。
なぜなら値段に最初から厳しい方なら、交渉方法が変わります。
よって丸く収めるためにどんな交渉を入れる考えるのです。

しかし、ここで思わぬ回答が、電話の向こうの貸主担当者から返ってきたのです。

「え、貸主さんの性格?よく分かりません」

( ´Д` まじ言ってんの?

ビビりました。
いったいどんなお付き合いを貸主さんとしているんだろ。

不動産の取引において、相手の性格や考え方を考慮することはしごく当たり前だとおもいます。
例えば竹を割ったよう性格の人には、一発交渉だし、ウニャウニャ言う人には、最後には交渉勝ちしたー!と思ってもらえるような交渉が必要です。
ここを考えなくて、仕事ができてるのですね。
この、最近テレビCMも流しまくっている某大手業者ですけど、、、、。

まさに、レベルが違います。
まあ、そういうスキルを会社から奪われているのかも知れませんが、、、
以前この業者が売主側の不動産屋さんで、売買の物件で数億のものがあり「この建築業者はどこですか?」と聞いたことがあります。

回答は「知りません」でした。
僕は( ´Д`)いや、売主に聞くなりしたら分かるやろ
と、詰めたのですが

売主が知らないって言ってので、僕も知りません

っていうてはりました。

レェベルがちげぇーんだよ!!ということですね。



コメントを残す

*

PAGE TOP

更新通知

メールアドレスを入力し「購読」ボタンを押してください。メールで更新情報をお届けします。

新着コメントCOMMENTS



株式会社ユービーエル
〒651-0083 神戸市中央区浜辺通4-1-23




MENU

CONTACT
HOME