蒟蒻畑大人買いとカロリーコスパの追及




蒟蒻畑大人買いとカロリーコスパの追及

今年の12月にホノルルマラソンにいくのですが、調子にのってろくすっぽ練習しないまま本番を迎えそうです。

1,7月に2回もハワイにいったのに現地でも走っておりません。
しかも、2014年大会を最後の2015,16とお休みしており3年ぶりの参加。

これではいかんと練習と思うのですが、腰も重く。。。。。
そこで8月は長距離を稼ぐマラニックをしておりました。

様子はこちらの僕の運営する「はじめてのホノルルマラソンサイト」にて。

初心者でも今からできるトレーニング

どうにか、走ることを習慣化しております。
週末ごとにだいたい15キロ前後を走っております。

走ることと別の問題、体重です。
当然体重が軽ければ、体も軽い訳で走るのに効果がある。

とはいえ、流行りの低炭水化物ダイエットは僕に合わないし不自然だとおもっていますので、「バランスよく、食べる量を減らす」方法を取っております。




とはいえ、空腹には苦しみます。

そこで会社に蒟蒻畑を大人買いしています。

コンビニでも売っていますこの蒟蒻畑、1つでカロリーが39キロカロリーしかありません。
腹持ちもいいのです。

朝食は普通に、昼は少し控えめ、夜は控えめ。
そしておなかが空いたら間食に蒟蒻畑。
そんな生活をしております。

食品のカロリーコスパ

さてここで、ふと思いついたことがあります。
もちろん栄養の中身も大事ですが、カロリーあたりのコストってどれくらい違いがあるんだろう。
ふと、思いつきました。

そこでちょっと計算したのがこちらです。

各食品のカロリーコスト

計算式として「販売価格÷カロリー」で計算します。
すると1キロカロリーあたりのコストが計算されるわけです。

・蒟蒻畑 155円 39kcal 3.9円/kcal
・ツナマヨおにぎり 115円 238kcal 0.5円/kcal
・ファミチキ 180円 242kcal 0.7円/kcal 
・ビックマックセット 680円 1,094kcal 0.6円/kcal
・吉野家牛丼 並 380円 669kcal 0.6円/kcal

意外な結果

こうやって見ると、やはり1kcalあたりのコストはダイエット系食品が高いことが分かります。
(まあ、計算する前から分かっていましたが。。。。)
吉野家の6倍ちょい高いのです、、、蒟蒻畑。
なんでこんなことをしたかというと。。。

これだけコストの高いカロリーを取ってるくらいだから、本気でがんばれ。俺。
ここにつきます。

無理なダイエットをするつもりはありませんが、うまく体重を落としていきたいです。

ちなみに、蒟蒻畑。美味しいですよ。






コメントを残す

*

PAGE TOP

更新通知

メールアドレスを入力し「購読」ボタンを押してください。メールで更新情報をお届けします。

新着コメントCOMMENTS



株式会社ユービーエル
〒651-0083 神戸市中央区浜辺通4-1-23




MENU

CONTACT
HOME