聞くだけでキマっちゃう!夏と言えばエレピ




聞くだけでキマっちゃう!夏と言えばエレピ

はい、今日は音楽ネタです。
7月にライブするキンキボーイズの曲をつくんなきゃいけないのです。
まあ僕の場合は地道に作るよりも「振ってきて完成」タイプなので、その時を待つしか無いのです。

そんな中、ここ最近の自分の中でのヘヴィーチューンが80年代の曲たち。
先日つくった「世界中の誰より純情」は完全に90年代Jポップを意識していた反動か、好みが10年トリップ。

80年代でもこのあたりが響きまくりんぐ。

この辺が刺さってるのだが、どうしてこのころの曲は「夏っぽさ」と「切なさ」と「なんとも言えない空間を感じる」音なんだろう。

そこで共通しているのはEP、そうエレクトリックピアノの音である。
ここがなんとも言えない80年代独特の「切なさ」を演出しているのだ。

このEPを曲の中で使いたいと思い、プラグインシンセを探すがしっくりこない。
僕はこれでも一応音楽の専門学校でコンピューターミュージックを専攻したおっさんである。
多少の知識はある。

エレピと言えばM1じゃろ!!

と浅めの知識であるが、M1のプラグインシンセが売ってたことを思い出し探す。

ありましたよ。。。。

http://www.korg.com/jp/products/software/korg_legacy_collection/page_4.php

あのM1のサウンドが4,980円でゲットできる。
こらね、当時学生だった僕からすればあり得ない価格で(安すぎ!!
ということでゲットです。

早速弾いてみると、、、、いい。
エレピもいいけど他もいろいろいい。

とろとろと弾きながら、郷愁にひたる。

ああ、夏っぽいよ、切ないよ。
音だけでガンギマリにぶっ飛べそうだよ。

出会いのサマーバケーションに瞳を拒否した(かくした)君が
小麦色の肌に白いワンピースで裸足のままかけだすよ。
グラスの氷が溶けたら、二人だけの夏がはじまるよ。

注:おチャクラ全開中

ふと現実に戻ると。
時だけが過ぎて、曲は出来ず。
そろそろほんまにやらんとやばいぞライブ。

そういやキンボイのパートナーに

『「前・前・前世」に対抗した
「来・来・来世」って曲作ろうぜ』

って提案したところ、さすがに「プライドがないのか!」と却下されました。

がんばります。






コメントを残す

*

PAGE TOP

更新通知

メールアドレスを入力し「購読」ボタンを押してください。メールで更新情報をお届けします。

新着コメントCOMMENTS



株式会社ユービーエル
〒651-0083 神戸市中央区浜辺通4-1-23




MENU

CONTACT
HOME