走るの嫌いなんすよ。実わ。




走るの嫌いなんすよ。実わ。

10キロのマラソン大会にこっそりエントリーしてた。
その現実からClarisのライブなどで逃げてたのだが、昨夜東京から帰ったら嫁からきっちり

「明日ほんまに走るの?ニヤリ」
ですって。

嫁は半ニヤでエントリーの証明書であるハガキを、風呂上がりで恍惚の冷凍マンゴータイムである僕にちらつかせる。

意外と思われるかもしれないが、この際はっきり言っておく。
僕は走るのが嫌いだ。

しんどい、疲れる。
体重が90キロ前後あるのに、長距離走るとか異常だ。

僕は走るのが嫌いだ。

よって嫁からの詰問に
「ま、まあ明日起きて考えようかなーって」

中途半端な返事をして寝室へシレる
そしてスマホで大好きな先輩オススメのアメリカのドラマウォーキングデッドを視聴。

あー明日走ったら、このゾンビみたいな歩き方になるやろなー

なんて思い、明日がずっとこなければと願いも虚しくあっという間に寝落ち。

残酷にも時は過ぎ行く

まあエントリーしたからにはお金も払ってるので走らないと勿体無い。
そんな小市民根性で会場に向かう。

三宮駅に着くと多くのランナーがいる。
ランナーを見分けるのは簡単だ、みなランニングシューズを履いている。

僕も当然履いている。
僕の履いているのはアシックスのニューヨークというモデル。
もう10年近くこのモデルを履いている。

ちなみにウェアはアディダスのカノイ。
これがすごく良くできている。
気が効いているというか、なんせいい。
シャレオツさもあるのでオススメ。

話は戻りエントリー会場へ

ゼッケンをもらい、「さて、。」と。
アップにいくと立ち上がりつつ、そのまま喫茶店へ。
コーヒー飲んでブログの更新。

走りたくない。
アップも含めw

ギリギリまで粘り記事を更新。
そして、着替えてスタート地点へ。

いよいよ逃げられない。

何度もいう、僕は走ることが嫌いだ

各種大会、東京マラソン。
ホノルルマラソンだって5回完走してるし、他にも大会いっぱい出てる。

でもね。
未だに走るは嫌い。

じゃあなんで走るんだろう

実は毎回このくだりをスタート地点に立って思う。

今回も思う。
そんな思考を巡らせているとスタートの合図。

僕はダラダラ走る。
しゃんしゃんと走らず、マイペースに足を動かす。

みんなに置いていかれる、振り向くとあまり人はいない。
僕は最後尾グループだ。

足を前に出す、地面を出しだ足でまた蹴り、「なんで走ってるんだろ?」と考えながら足を前に。

1キロ地点、あ、まだ1キロか。
2キロ地点、五分の1おわった。
3キロ地点、約3分の1おわった。
5キロ地点、半分おわった。
6キロ地点、今までより少ない距離だけや。
8キロ地点、あと二割。

この辺から歩いている人をごぼう抜きにしていく。

こんな感じで10キロを完走。
足を止めずに走りきりました。

why meはrunをcanするのか。

あれだけ走るのが嫌なのに、ゴールしたら忘れますよ。
達成感で(笑

結局この麻薬的な達成感が僕をマラソン大会へ誘うのだろう。

ことホノルルマラソンに至っては、フルマラソンであり、また大好きなハワイということでその達成感たるや堪らないものがある。

きっととんでもなく脳内麻薬でまくりで、脳汁プッシャーなんだろう。

誤解を恐れずに例えるのであれば・・・・。

ゴールの瞬間っていうのは、すごく我慢してトイレに間に合ったような快感がある。

ということで走るのが大嫌いな僕は、またあの脳汁プッシャーを味わうべく12月のホノルルマラソンに向けて走るのです。

次の大会は3月だ!!






コメントを残す

*

PAGE TOP

更新通知

メールアドレスを入力し「購読」ボタンを押してください。メールで更新情報をお届けします。

新着コメントCOMMENTS



株式会社ユービーエル
〒651-0083 神戸市中央区浜辺通4-1-23




MENU

CONTACT
HOME