お好み焼きIN広島、しかし広島焼と言ってはいけない。




お好み焼きIN広島、しかし広島焼と言ってはいけない。

先日青年会議所の全国大会にて広島へ。
到着早々お好み焼きを食べる。

我々関西人は広島のお好み焼きを「広島焼」というが、ご当地広島からいうと「広島焼?こっちがお好み焼きじゃ!勝手に『広島焼』とかつけるなじゃけん」と怒られるところ。

お目当ての店を友人に聞いていたのだが、とんでもなく混んでおり(というか、こっちが12名という大所帯だったので。。。。)たまたま団体さんが空いた店に。

さっそくお好み焼きを注文

201610132

関西のお好み焼きと違い、キャベツがすごく多い。
その分焼くのにもけっこう時間がかかる。

その間アテ的にカキの焼いたものもいただく。
一気に僕らが注文するので店員さんはてんやわんや。

出てきたのがこちら。

201610131

σ(´~`*)う、、うまい。

関西のお好み焼きとは全く別物。
キャベツの歯ごたえがたまらなくうまい。
この記事を書いていてもよだれがでそうだ。

そこにひいてある生地はかなりもっちりしており、箸で切り分けようとするとなかなか苦戦する。
結果上のキャベツも無残にばらばらになるのだが、広島の人はうまく食べれるのであろうか。

イメージとしては巻いていないクレープのようだ。

関西のお好み焼きと広島のお好み焼きの違い

「生地」そのものはほとんどない。
薄い生地があって、そこの具が乗っている。

大きな違いはここのようだ。

関西は「生地と具を混ぜて焼く」
広島は「生地を焼いた上に具を盛って焼く」

そして、もう一つは

「そんな違いはええから、広島のお好み焼きもうまい。」

ここに尽きるのである。

今度広島にいくときは、お好み焼きをはしごしたいなー。

今回の来訪店

貴屋 広島アッセ店

ちなみに、広島の友人に聞くと、麗ちゃんがうまいらしい。






コメントを残す

*

PAGE TOP

更新通知

メールアドレスを入力し「購読」ボタンを押してください。メールで更新情報をお届けします。

新着コメントCOMMENTS



株式会社ユービーエル
〒651-0083 神戸市中央区浜辺通4-1-23




MENU

CONTACT
HOME