Macbook Pro or Macbook Air そしてMacbookの立ち位置




Macbook Pro or Macbook Air そしてMacbookの立ち位置

2015-12-20

僕はいまMacbook Proを使っている。

Retinaディスプレイのモデルであり、そりゃ快適に使っている。

 

https://www.instagram.com/p/4agCNQvmiQ/

とはいえ、唯一文句があるとすれば重さと厚みである。

カバーをつけているので、どうしてもごっつくなる。

とはいえ、重量そのもはMacbook Proが1.58キロに対し、Airは1.35キロと実は大差ない

(各々13インチ公式スペックより)

 

では、なぜわざわざ重めのMacbook Proを持っているかというと2つの理由がある。

 

1、Retinaディスプレイ

 

半端なく綺麗。

このディスプレイになれると、普通のノートPCがしんどくなる。

現行のMacbook AirRetinaではない。

最近、やっぱりAirがいいかなーと思い、店で見ていたがどうしても画面が綺麗に見えない。

恐るべきRetina

携帯も、そうだけど一度綺麗なディスプレイになれると戻れないなー。

 

2、映像・音楽用

Airに対し、やはりProは映像や音楽には向いている。

決してAirではできないこともないけど、処理速度の差はどうしてもある。

映像の場合は書き出しスピードや、音楽のもたりなどがどうしても差が出る。

 

てな感じでProを使っているのであるが、最近このProは家において使いたいと考えは締めました。

と、なると外出用のノートがいるわけで。

 

Proだと重いし分厚い、でもAirは画面が、、、、

うーん、、、、

 

どないしたらええのだ、、、、、

 

。。。。。

 

。。。

 

 

あ、

 

「僕のこと、忘れてませんか?」

 

f:id:tetsuyatanaka:20151220212752p:plain

Retinaディスプレイを搭載し、さらに!!

0.92kgとなんと1キロを切った奇跡のノートPC。

その名はMacbook

軽量化と引き換えにUSB-C端子1つしか持たない奇跡のノートPC。

だからUSBの拡張をしようとすると1万円弱のアイテムが必須の奇跡のノートPC。

そんなMacbookがあるじゃないか!と。

 

そんな中途半端なツインファミコンみたいなMacbookではありますが、文章を打つだけであればかなり「有り」な選択なのかもしれません。

 

ちなみに、下記の記事を見ると僕の大好きな本田直之さんも今はMacbook使いのようです。

誰もがTraveLifeが出来る時代~本田直之・四角大輔トークショー @Apple Store 表参道 2015年11月3日


www.nomad-cafe-20.com

 

ガジェットについてはいつも僕は「いいもの」を常に探すようにしています。

時代の流れとガジェトの進化はシンクロしていますからね。

 逆に今頃こうしたことを考えるということは、結局アップルは先をいってるんだろうなー。

 

 






コメントを残す

*

PAGE TOP

更新通知

メールアドレスを入力し「購読」ボタンを押してください。メールで更新情報をお届けします。

新着コメントCOMMENTS



株式会社ユービーエル
〒651-0083 神戸市中央区浜辺通4-1-23




MENU

CONTACT
HOME