流行らなくてもいいのだ kindle




流行らなくてもいいのだ kindle

2016-02-02

みなさんの中でkindleを使っている方はどのくらいいるのだろう?

kindleとは、amazonの提供している電子書籍サービス。
amazonのサイトでいわゆる書籍のかたちではなく、kindle形式で購入すればすぐにダウンロードされて、スマホやタブレットで読むことができる。

20160202ki1

きわめて便利で有り、もはや僕の書籍購入の3分の1、いや、半分くらいはkindleで購入している。

上記の写真も、3月にいくハワイ用に旅行雑誌を購入。
タブレットに入れているので、何冊ももっていかなくてもipadにkindleさえ入れておけば、ipadの重さだけで何冊も本をもっていける。

しかしこの便利なkindle、意外と使われていない。

なぜ、このサービスが伸び悩むのか?

僕はこれについては

まったく伸び悩んでいるとはおもっていない。
むしろ、正常な状況である。

と考えている。
それには「本を買う」という少し特殊なネットでの物販に共通する「購買行動」が関係している。

本を買うとき、2つの行動がある。
1つは「この本を買おう」という場合、
もうひとつは「なんかいい本ないかな?」という場合だ




前者の場合、著者が好き、ずっと買い続けているシリーズ、テレビで見た、芥川賞、なんらかの理由で「これ」というものがほしい場合である。
このように「名指し」で欲しい本があるばあい、ネットでの購入はきわめて便利だ。

そして、今回のkindleにおいても非常に話があう。
Amazonのサイトにいって検索、kindleで購入を選択しクリック。
端末のkindleアプリを開けば、もうリストのあるのでダウンロード。
正直3分もしないで本が読める。
すさまじく便利だ。

しかし、さきほど後者で説明した「なんかいい本ないかな?」の場合、これはネットで買うには適していない。
そこで登場するのが書店となる。

書店に入り、ぶらぶらと自分のすきなカテゴリーの本棚をうろうろ。
目についた本があれば手にとってぱらり。
面白そうだと感じれば買い。
違うなとおもえば、棚に返す。

書店にいることがまさにエンターテイメントであり、
それは「買う」ことが目的ではなく「見つける」ことが目的となる。

このように行動がまったくちがうのだ。

これを一緒くたにして「電子書籍は伸びない」というのは間違っている。
そもそもユーザーの行動が違うのだ。

ちなみに僕の場合であっても
「名指しでほしいときはkindle、いい本ないかな?は書店で買う」
とすべてkindleでまかなっているわけではない。

「本を買う」という同じ結果だがプロセスがまったくちがうのだ。

そういう意味では「いますぐ客」がすぐ買う需要があると考えれば、ほんとうはマニアックな本ほど向いてるのかもね、kindleは。

過去に出した2冊の僕の本も電子化されないかな~

後悔しない・かしこく手ばなす 成功する中古マンション売却術 (DO BOOKS)






コメントを残す

*

PAGE TOP

更新通知

メールアドレスを入力し「購読」ボタンを押してください。メールで更新情報をお届けします。

新着コメントCOMMENTS



株式会社ユービーエル
〒651-0083 神戸市中央区浜辺通4-1-23




MENU

CONTACT
HOME